2015年11月05日

平成28年度に向けた予算と税制改正等の動き

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

文字サイズ

国会は安保法案の余波で、多くの法案が継続審議となったが、確定拠出年金法の改正案もそのひとつである。一方、平成28年度予算は各省の概算要求が出揃い、医療・年金関連の要求は、高齢化に伴い引き続き増加している。また、年金関係税制では、厚生労働省等から各種年金制度の利便性向上等に向けた要望が、引き続き出されている。

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

(2015年11月05日「ニッセイ年金ストラテジー」)

レポート

アクセスランキング

【平成28年度に向けた予算と税制改正等の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

平成28年度に向けた予算と税制改正等の動きのレポート Topへ