2015年09月09日

欧州経済見通し~ユーロ圏:回復続くも、スピードと投資が不足/英国:利上げタイミングは外部環境も考慮~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

【要旨】

  1. ユーロ圏経済は、金融緩和とユーロ安、原油安、先進国経済の堅調、成長指向の財政運営に支えられた緩やかな回復が続いている。主要国では水準ではドイツ、ペースではスペインが好調。イタリアには、幾らか明るい材料が見られるようになったが、フランスの回復が遅れ気味だ。
  2. 中国経済の減速や資源国・新興国経済の不安など外部環境の悪化による下振れリスクは増大しているが、ユーロ圏の消費主導の緩慢な回復は続き、15年の実質GDPは前年比1.5%、16年は同1.6%と予測する。
  3. 16年9月の段階で、ECBが、インフレ率が中期目標に整合的なパスに調整されたと判断することは難しく、16年10月以降も資産買入れを継続することになるだろう。
  4. 英国では13年以降、前期比0.7%と順調な回復が続いている。伸び悩んでいた賃金も、ここにきて持ちなおしているが、インフレ率は、エネルギー価格の下落とポンド高でゼロ近辺で推移している。15~16年は2%台半ばの成長が予想され、GDPギャップも解消するが、国際金融・経済環境からの下振れリスクの見極めも必要なため、BOEの利上げ開始は16年入り後となろう。

金融緩和、ユーロ安、原油安効果もあり輸出、消費は堅調だが、投資の回復は遅れている~ユーロ圏の実質GDP(需要項目別指数)~

43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2015年09月09日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~ユーロ圏:回復続くも、スピードと投資が不足/英国:利上げタイミングは外部環境も考慮~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~ユーロ圏:回復続くも、スピードと投資が不足/英国:利上げタイミングは外部環境も考慮~のレポート Topへ