2014年10月03日

内外株価収益率間の相関係数上昇要因

金融研究部 准主任研究員   高岡 和佳子

文字サイズ

近年の内外株価収益率間の相関係数は、以前と比較して高い水準にある。相関係数の仕組みを理解すると、経済のグローバル化よりも投資のグローバル化による相関係数押し上げ効果の方が大きいことが分かる。投資国の分散によるリスク削減効果の復活は期待しない方がいい。

71_ext_01_0.jpg

金融研究部   准主任研究員

高岡 和佳子 (たかおか わかこ)

研究・専門分野
リスク管理・ALM、価格評価、企業分析

レポート

アクセスランキング

【内外株価収益率間の相関係数上昇要因】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

内外株価収益率間の相関係数上昇要因のレポート Topへ