2014年09月09日

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~

経済研究部 上席研究員   伊藤 さゆり

文字サイズ

  1. 4~6月期のユーロ圏の実質GDPは3大国の失速が響き、前期比ゼロとなった。
  2. ドイツは、7~9月期にはプラス成長に転じる見通しだが、競争力不足、財政健全化圧力に苦しむイタリア、フランスでは停滞が続いている。
  3. ECBは9月の政策理事会で6月の緩和策の補完・強化に動いた。ターゲット型資金供給(TLTRO)は未実行、民間資産買い入れプログラムも詳細は未定の段階だが、予想を上回るECBの積極姿勢を受けてユーロ高の修正ピッチは加速した。
  4. 構造調整の圧力が残るフランス、イタリアに不安は残るものの、ユーロ圏全体では、財政緊縮圧力の緩和と強化された金融緩和策に支えられた緩やかな回復が続く見込みである。実質GDP成長率は、14年は0.7%、15年は1.2%と予測する。インフレ率は同0.6%、同1.0%と安定水準を大きく下回る推移が続く見通しである。
  5. 英国では、長期平均を上回る回復が続き、住宅価格は高騰、失業率は急低下しているが、賃金の伸びはインフレ率を下回ったままだ。BOEのカーニー総裁は8月「インフレ報告」公表時に賃金の伸びを重視する方針を示し、早期利上げ観測を牽制した。14年の成長率は3.2%、15年5月利上げ開始を予測するが、賃金動向、ユーロ圏の停滞とECBの政策の余波、スコットランドの住民投票などが波乱要因となり得る。
41877_ext_15_1.jpg
43_ext_01_0.jpg

経済研究部   上席研究員

伊藤 さゆり (いとう さゆり)

研究・専門分野
欧州経済

(2014年09月09日「Weekly エコノミスト・レター」)

レポート

アクセスランキング

【欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~のレポート Topへ