2014年07月30日

【5月米住宅価格】ケース・シラー指数が下落へ

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:ケース・シラー指数が前月比マイナスに転じる

7月29日にS&Pが発表した5月のケース・シラー住宅価格指数(20都市総合、以下ケース・シラー指数)は、原系列の前年同月比で+9.3%となり、4月(改定値)の同+10.8%から減速、市場予想(Bloomberg集計の中央値、以下同様)である同+9.9%を下回った。また、季節調整済の前月比では▲0.2%と4月(同+0.1%)からマイナスに転じ、市場予想の同+0.3%も下回った。
一方、7月22日に連邦住宅金融局(FHFA)が発表した5月の住宅価格指数(HPI)は前月比+0.4%と横ばいとなり、こちらは4月(改定値)の同+0.1%から加速、市場予想の+0.2%も上回る結果であった。ただし前年同月比では+5.6%と4月(同+6.2%)から減速している(詳細はPDFを参照)。
住宅価格の水準は、ケース・シラー指数で見てピーク時の8割強、より平均的な購入者を対象にしたHPIはピーク時の9割以上まで上昇してきた(後掲図表3・7)。金融危機後の住宅価格の上昇ペースが速かったことは、住宅需要がなかなか盛り上がらず、住宅販売や着工の回復が遅れてきた要因のひとつでもある。しかし、今回発表された5月はケース・シラー指数が前月比マイナスに転じるなど、足もとでは下落圧力も強くなっており、今後は価格上昇に歯止めがかかり、これが住宅需要の増加につながっていくのかが注目される。


米国の住宅価格指数伸び率(前月比)/米国の住宅価格指数伸び率(前年同月比)

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【5月米住宅価格】ケース・シラー指数が下落へ】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【5月米住宅価格】ケース・シラー指数が下落へのレポート Topへ