2014年04月02日

【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に

研究員   高山 武士

文字サイズ

【要旨】

結果の概要:改善は小幅だが、寒波の影響解消は鮮明に

4月1日、米サプライマネジメント協会(ISM)は3月の製造業指数(PMI)を公表した。結果は53.7となり前月の53.2から小幅に改善した。ただし、市場の事前予想(Bloombergの予想中央値は54.0)は若干下回った(詳細はPDFを参照)。また、同日にMarkit社も3月の米PMI改定値を公表、結果は55.5であった。速報値(55.5)から変わらず、前月の57.1からやや低下したことが確認された。

今回発表された3月のPMIは、寒波の影響が残った2月と比べて小幅な改善にとどまったが、入荷遅延指数が悪化したことが主因であり(つまり、入荷が早くなっている)、また生産指数も大幅に改善している(後掲図表2-4も参照)。そのため、むしろ寒波の影響の解消が確認された内容だったと評価できる。Markit社のPMIでは2月と比べて低下したが、2月の水準自体が高いため、3月のPMIは決して弱くない。総じて見れば、寒波の影響が解消に向かったことが確かめられたという点でポジティブな内容だったと言える。

一方、ISMの指数では先行きの動向を示唆する新規受注が小幅な改善にとどまり、雇用指数は悪化している。両指数は2013年後半と比較しても水準が低く、今回の指標からは、寒波の影響解消が判明し、景気の改善期待を高める内容ではあったものの、先行きの強さを示す内容にも乏しかったと言える。とりわけ雇用に関しては、寒波の落ち込みからの反動増が試される3月の雇用統計が4月4日に公表される予定であり、この結果が注目だろう。



米国の製造業センチメントと生産指数/ISM製造業指数(PMI)

研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
米国経済

レポート

アクセスランキング

【【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明に】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【3月米ISM製造業指数】改善幅は小さいが、寒波の影響解消は鮮明にのレポート Topへ