2014年01月17日

米国連邦保険局による提言-連邦ベースでの保険監督に向けた試み

保険研究部 上席研究員   小林 雅史

文字サイズ

■要旨

米国では、州が独自に日本の保険契約法・保険業法に相当する法律として保険法を定めており、連邦単位ではなく、州単位での保険監督が行われている。

2010年7月にドッド・フランク法が成立し、連邦保険局が創設されたが、個別の保険会社に対する一般的監督権限はなく、州の保険監督権限にはタッチしないとされてきた。

2013年12月、連邦保険局は議会に報告書「合衆国における保険監督体制の現代化・改善に向けた提言」を提出し、消費者保護などのために、連邦政府による保険会社の監督への一定の関与を提言した。

このレポートの関連カテゴリ

81_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員

小林 雅史 (こばやし まさし)

研究・専門分野
保険法・保険業法、英国の約款規制・募集規制等、代理店制度・保険仲立人制度

(2014年01月17日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【米国連邦保険局による提言-連邦ベースでの保険監督に向けた試み】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国連邦保険局による提言-連邦ベースでの保険監督に向けた試みのレポート Topへ