2013年02月04日

まちかど景気を利用すると個別株の投資成果が向上 - 投資家心理とバリュー株効果の関連性

金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任   井出 真吾

文字サイズ

【要約】

  • PBR(株価純資産倍率)は株価の割安/割高を判定する代表的な指標だが、近年、その有効性が不安定になった。この背景として、投資家が悲観的だとPBRが低くても買わない(割安とみなさない)など、投資家心理の影響が考えられる。
  • 投資家心理とPBR効果(バリュー株効果)の関連性を検証したところ、投資家が悲観から楽観に転換するときや、景気が回復過程のときに強いPBR効果が観察された。
  • また、日経平均採用銘柄を対象としたシミュレーションでは、投資家の心理状態に応じて低PBR銘柄に投資するか現金で保有するか判定すると、単純にPBRが低い銘柄に投資し続けた場合よりも高い収益率を得た(下図参照)。

  1. はじめに
  2. PBR効果の不安定化とその背景
  3. まちかど景気とPBR効果
  4. 個別株投資への応用
  5. おわりに
40485_ext_15_1.jpg
66_ext_01_0.jpg

金融研究部   チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資

レポート

アクセスランキング

【まちかど景気を利用すると個別株の投資成果が向上 - 投資家心理とバリュー株効果の関連性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

まちかど景気を利用すると個別株の投資成果が向上 - 投資家心理とバリュー株効果の関連性のレポート Topへ