2011年10月03日

イールドカーブ変化は株価リターンを予測できるか?

  伊藤 拓之

運用手法開発 証券市場 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

イールドカーブの変化は景気サイクルや中央銀行の金利政策の予測に役立つと考えられるので、株価リターンを予想できるか検証した。現在の金利サイクルは日米ともに「ブル・フラットニング」であるが、過去の分析からは大きな株価リターンは期待できない局面である。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

伊藤 拓之

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【イールドカーブ変化は株価リターンを予測できるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

イールドカーブ変化は株価リターンを予測できるか?のレポート Topへ