2007年10月26日

日本株式市場の季節性とスタイル

  遅澤 秀一

文字サイズ

1990年以降の日本の株式市場では欧米市場と異なる季節性が観察された。とくに、規模やスタイルによって季節性に大きな相違が見られる。
小型株やバリュー株は年の前半のリターンが高く、後半は低い。大型株やグロース株のリターンは3月、4月、11月、12月のリターンが高かった。
これは投資主体の決算や投資行動の相違の影響があると考えられる。

このレポートの関連カテゴリ

遅澤 秀一

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【日本株式市場の季節性とスタイル】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本株式市場の季節性とスタイルのレポート Topへ