2007年01月01日

TOPIX 浮動株比率定期見直しとインデックス運用

  磐城 裕子

文字サイズ

TOPIXの浮動株比率は、定期的に見直しが行われる。具体的な変更情報が事前に公表されるだけに、株価への影響が予想される。そこで、インデックス運用では、トラッキングエラーの抑制に加えて、実質的なファンド価値についても考慮することが重要になるであろう。

このレポートの関連カテゴリ

磐城 裕子

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【TOPIX 浮動株比率定期見直しとインデックス運用】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

TOPIX 浮動株比率定期見直しとインデックス運用のレポート Topへ