2001年05月25日

家計貯蓄率のミステリー

経済研究部 主任研究員   石川 達哉
経済研究部 チーフエコノミスト   矢嶋 康次

文字サイズ

雇用悪化、所得減少、公的年金給付削減などの将来不安を背景に、勤労者世帯の貯蓄率は若年層を中心に上昇傾向を続けている。
一方、高齢者などの無職世帯の貯蓄率は大きなマイナスであり、無職世帯の割合は過去20年間で3倍以上に増加している。
両者の効果が相殺し合っているため、高齢化が進む中で世帯全体の貯蓄率は横這いにとどまっている。

44_ext_01_0.jpg

経済研究部

石川 達哉 (いしかわ たつや)

46_ext_01_0.jpg

経済研究部

矢嶋 康次 (やじま やすひで)

レポート

アクセスランキング

【家計貯蓄率のミステリー】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

家計貯蓄率のミステリーのレポート Topへ