1997年01月01日

信用リスクをとった債券投資

文字サイズ

最近の米国のハイ・イールド債市場では、信用リスクをとることにより、米国債や投資適格債よりも低リスクで高リターンが実現されている。1年前に適債基準が撤廃されたわが国でも、今後低格付けの起債が増大すれば、米国のような市場が形成される可能性もある。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【信用リスクをとった債券投資】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

信用リスクをとった債券投資のレポート Topへ