金融市場・外国為替(通貨・相場)

「金融市場・外国為替(通貨・相場)」の一覧では、各国の金融政策の方向性、金利見通しや需給動向等を材料に円ドル相場、円ユーロ相場の動きを分析・予測します。また、銀行貸出、マネタリーベース、マネーストックの金融統計や資金循環統計から金融資産の動向について解説したレポートを定期的に提供してまいります。
月次提供レポート:「金融市場の動き」、「マーケット・カルテ」、「マネー統計」等

年度で絞り込む

  • 1998年02月25日

    格付けの市場定着に向けて

    ■目次1. はじめに2. 格付けとは3. 近年の企業の資金調達動向4. 市場に反映される格付け情報5. 格付機関の比較6. おわりに■introduction昨年は、三洋証券、北海道拓殖銀行、山一証券、ヤオハン、東食などの上場...

    新美 隆宏

  • 1998年01月25日

    最近のアジア通貨の動向

    ■目次1. はじめに2. アジア通貨不安の予兆3. アジア通貨不安の発生と拡大4. 1930 年代世界大恐慌5. おわりに~今後の展望アジアは一般に、東は日本、北はシベリア、南はインドネシア、西はトルコ・アラビアにわたる地域を...

    牛越 博文

  • 1998年01月25日

    「昨年の金融市場の混乱を顧みて」

    アジア通貨危機の経緯と原因タイの資本流出と外貨危機がおそれていた如く勃発した。 その規模と瞬時にして及ぼした影響はいずれも関係者の予測をはるかに超えるものであった。 当時のタイ国政府の認識不足と対応のまずさが被害を大き...

  • 1997年10月25日

    第二フェーズに入る金融ビッグバン

    ■目次1. ビッグバンその事始め2. 公表された3つの報告書3. 大手銀行の問題意識の変化4. ポスト・ビッグバン時代の展望■introduction最近、新聞紙面等でビッグバンという言葉をよく目にするようになった。金融ビ...

  • 1997年06月25日

    二極化した国内株式市場

    ■目次1. 96 年度の国内株式市場の特色2. 二極化現象の中身3. 米国の Nifty-Fifty の時代4. わが国の 「二極化」 市場の今後 ―日米の比較を踏まえて■introduction96年度の国内株式市場は、11月までボ...

    遅澤 秀一

  • 1997年05月25日

    さらなる改革が望まれる公社債市場

    ■目次1. はじめに2. 公社債市場の現状3. 公社債市場発展の要件おわりに■introduction日本版ビッグバンが、(1)Free(市場原理が働く自由な市場に)、(2)Fair(透明で信頼できる市場)、(3)Glo...

    新美 隆宏

  • 1996年11月01日

    円高は終わったか?

    昨春以降、円安方向の動きが続き、早くも「経常黒字・円高時代は終わったか」との議論が行われている。しかし、為替の決定メカニズムからみると、対外収支の動向次第で再び円高に転じるリスクもあり、要注意だろう。__RCMS_...

  • 1996年08月01日

    金利先行指数では利上げは先だが?

    金利は債券、為替、株価動向への影響が大きく、資産運用における最も重要な変数といえる。このほど金融政策の動きに先行する指数を開発したので、紹介したい。__RCMS_CONTENT_BOUNDARY____RCMS_C...

アクセスランキング

金融市場・外国為替のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

金融市場・外国為替のレポート Topへ