不動産市場・不動産市況

穏やかな回復基調にある国内景気と2020年の東京オリンピック開催を追い風に、国内はもとより世界中から日本の不動産マーケットに熱い視線が注がれています。この「不動産市場」の一覧では不動産クォータリーレビュー、東京のオフィス市場の賃料予測、主要都市のオフイス市場動向についてのレポートをはじめ、不動産市場が抱える課題をタイムリーに取り上げ調査・提言を行います。調査の中ではオフィスだけでなく住宅や土地など様々な関連情報を集計しレポートとして提供いたします。

年度で絞り込む

  • 2001年11月25日

    東京のオフィス市場動向

    昨年堅調に推移していた東京のオフィス市場は、2000年後半からの米国の景気後退とハイテク企業の業績悪化などの影響を受けて厳しさを増している。東京都心部で2003年にはオフィスビルの大量供給があることから、市況がさら...

  • 2001年10月25日

    東京圏地価インデックス

    ニッセイ基礎研究所では、不動産投資指標に資するために、東京圏を対象とした新たな地価指数を開発した。本指数は、実際の鑑定データ(標準価格)を利用し、統計的処理に基づき作成したもので、四半期ごとの指数としている。200...

  • 2001年08月25日

    不動産運用ビジネスの幕開け

    昨年、投信法が改正され、不動産を運用対象とした不動産投信が解禁された。また今年になって上場のための市場準備も整い、今秋にはファンドの上場が期待されている。不動産投信は不動産の運用で報酬を得る専門家の存在を前提として...

    岡 正規

  • 2001年04月25日

    不動産証券化が加速させる投資的取引

    これまで日本には中古住宅の流通市場や賃貸住宅市場、賃貸オフィス市場はあっても、不動産投資市場というべき活発な投資的取引はほとんど存在しなかった。しかし90年代後半の不良債権のバルクセールや不動産証券化などを契機に、...

  • 2001年02月25日

    不動産賃貸借契約の進化と資金調達

    ■目次1.米国における賃貸オフィス需要の拡大2.進化を続ける米国不動産賃貸借契約3.日本の事業用賃貸借制度の課題■introduction最近の数年間、米国のオフィスの賃貸需要は急速に拡大した。国全体の平均空室率は...

  • 2000年11月25日

    東京のオフィス市場動向

    東京のオフィス市場は、景気回復と賃料の低位安定による需要増加で空室率が低下しており、優良ビルでは賃料に底打ち感もでている。しかし、今後のオフィス供給を大幅に上回る需要拡大が見込めないため、立地や設備面などに劣るビル...

  • 2000年11月01日

    期待高まる不動産証券化商品

    不動産証券化が活発になり、オルタナティブ(代替)投資対象として、年金基金の関心も高まっている。しかし、不動産の価格変動リスクを負うエクイティ(株式)型証券は、投資判断が難しいため、投資家への十分な情報開示と不動産運...

  • 2000年08月25日

    住宅需要の長期予測

    世帯数の変化等に基づく長期推計の結果、新設住宅需要は年間145万戸(93~98年平均)から、2013~18年に90万戸、2033~38年には44万戸に減少すると予測された。現在、住宅需要は低金利や住宅ローン減税等を...

    竹内 一雅

  • 2000年07月25日

    不動産市場データの本格的整備に向けて

    99年以降、不動産証券化市場が急拡大しているが、もともと不動産は株式や債券などの金融商品と比べ市場データの整備や開示状況が圧倒的に遅れている。健全な証券化市場形成のためには、市場実態を反映した賃料や投資利回りなど、...

  • 2000年03月25日

    不動産投資手法の拡大と新展開

    投信法やSPC法、不動産特定共同事業法の改正など、不動産をめぐる新しいルール作りが加速しており、不特定多数の投資家が証券やファンドの形で不動産投資を行う「集団投資スキーム」が注目されている。中でも、不動産投資ファン...

関連カテゴリ

アクセスランキング

不動産市場のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

不動産市場のレポート Topへ