2023年08月24日

老後準備を再考する~老後資金は本当に2000万円必要か

金融研究部 准主任研究員・ESG推進室兼任 原田 哲志

文字サイズ

■要旨

2019年、金融庁が公表した報告書の中での老後生活で30年間で2000万円の資金の取崩しが必要との記述が大きな話題となった。報告書の公表から数年が経過したが、老後資金の準備はその後も多くの人々から高い関心が持たれている状況に変わりはない。老後資金として必要な金額に大きな注目が集まったが、必要な金額は生活スタイルなど個々の状況により大きく異なる他、老後準備には健康など資金以外の面も重要である。老後資金を少しずつ準備しておくことはもちろん重要だが、闇雲に貯蓄を増やすのではなく、他の方法を効果的に用いるなど、老後の様々なリスクに適切に備えることが必要だ。

■目次

1――老後資金として2000万円が必要と話題に
2――老後資金準備の試算についての課題点
3――老後準備として考えられる方法
4――おわりに
Xでシェアする Facebookでシェアする

金融研究部   准主任研究員・ESG推進室兼任

原田 哲志 (はらだ さとし)

研究・専門分野
資産運用、オルタナティブ投資

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【老後準備を再考する~老後資金は本当に2000万円必要か】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

老後準備を再考する~老後資金は本当に2000万円必要かのレポート Topへ