コラム
2023年07月12日

海外投資家は3カ月連続で買い越し~2023年6月投資部門別売買動向~

金融研究部 研究員 森下 千鶴

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

日経平均株価は、6月上旬は米債務上限問題の進展による米国株の上昇を受け、6月1日から6日まで4営業日連続で上昇し、6月6日には3万2,506円と3万2,500円を上回った。中旬にかけても、米国でインフレ懸念が後退し米国株が上昇したことを受け、日経平均株価も6月9日から14日まで再び4営業日連続で上昇し、6月14日には3万3,502円と3万3,500円を上回った。さらに6月16日には、衆議院解散が見送られたことが嫌気されたものの、日銀の現状維持決定を受けて、3万3,706円まで上昇した。下旬は、米国の金融引締め長期化と景気減速が警戒材料となり、6月27日に3万2,538円まで下落した。月末にかけては為替市場で円安が進行したことが支えとなり、日経平均株価は3万3,189円で終えた。6月はこのように日経平均株価が推移するなか、海外投資家、事業法人が買い越す一方で、個人、投資信託が売り越した。
図表1 主な投資部門別売買動向と日経平均株価の推移
2023年6月(6月5日~6月30日)の投資部門別の売買動向をみると、海外投資家が現物と先物の合計で8,769億円の買い越しと、少額だが最大の買い越し部門であった。特に、6月第1週(6月5日~9日)は1兆4,000億円買い越しとなった。ただし、6月第2週(6月5日~9日)から第4週(6月26日~30日)は、現物と先物の合計では少額ながら売り越しだった。現物は6月第3週(6月19日~23日)に13週ぶりに売り越しに転じ、先物も6月第2週(6月12日~16日)、第4週(6月26日~30日)に売り越した。4月以降、海外投資家は現物、先物ともに継続して買いがやや優勢だったものの、高値警戒感などから、6月は先物を中心に利益確定の売りが優勢となる週があった。
図表2 海外投資家は3カ月連続買い越しだが、利益確定売りの動きも
一方で、個人は、現物と先物の合計で6,809億円の売り越しと、6月最大の売り越し部門であった。
図表3 個人は3カ月連続売り越し
7月から9月は、夏休みなどで市場参加者が減少し、相場があまり動かなくなる「夏枯れ相場」がアノマリーとして知られている。図表4は、旧市場第一部とプライム市場の過去5年間の平均売買高を月別にまとめたものである。確かに、7月~9月は他の月に比べて、売買高が減少傾向にあるようだ。

ただし、2023年は、4月以降日本株は海外投資家を中心に買いが入り大きく上昇する中、2023年6月の売買高は過去5年平均の1.2倍と活況だった。日本株への注目が継続するのか、7月以降の売買高も合わせて注目していきたい。
図表4 夏場は売買高が減少する傾向
 
 

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   研究員

森下 千鶴 (もりした ちづる)

研究・専門分野
株式市場・資産運用

(2023年07月12日「研究員の眼」)

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【海外投資家は3カ月連続で買い越し~2023年6月投資部門別売買動向~】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

海外投資家は3カ月連続で買い越し~2023年6月投資部門別売買動向~のレポート Topへ