2022年12月06日

インド経済の見通し~輸出悪化や高インフレ、金融引き締めが逆風となり景気減速へ(2022年度+7.0%、2023年度+6.0%)

経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠

このレポートの関連カテゴリ

文字サイズ

■要旨
 
  • インド経済は2022年7-9月期の成長率が前年同期比+6.3%(4-6月期:同+13.5%)から低下した。
     
  • 7-9月期の成長率低下は、4-6月期の成長率を押し上げたベース効果が弱まった影響が大きい。前期比の成長率は+3.6%と高水準であり、インフレの加速や積極的な金融引き締めの影響が懸念されるなかでも対面型サービス業を中心に高成長を実現したかにみえる。
     
  • 先行きは、コロナ禍からの回復の一巡により成長ペースは鈍化するだろう。また外需の悪化や足元の高インフレ、金融引き締めが逆風となり当面は消費と投資の勢いが弱まりそうだ。成長率は、22年度が前年度比+7.0%(21年度:同+8.7%)、23年度が同+6.0%と鈍化するが、公共投資の拡大が下支えとなり内需を中心に底堅い成長を維持すると予想する。


■目次

・経済概況:ベース効果が弱まり成長率が低下
・経済見通し:輸出悪化や高インフレ、金融引き締めが逆風となり景気減速へ
Xでシェアする Facebookでシェアする

このレポートの関連カテゴリ

経済研究部   准主任研究員

斉藤 誠 (さいとう まこと)

研究・専門分野
東南アジア経済、インド経済

公式SNSアカウント

新着レポートを随時お届け!
日々の情報収集にぜひご活用ください。

週間アクセスランキング

レポート紹介

【インド経済の見通し~輸出悪化や高インフレ、金融引き締めが逆風となり景気減速へ(2022年度+7.0%、2023年度+6.0%)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

インド経済の見通し~輸出悪化や高インフレ、金融引き締めが逆風となり景気減速へ(2022年度+7.0%、2023年度+6.0%)のレポート Topへ