2022年06月24日

国民からみるCBDC導入の意味-国民負担と社会的便益

総合政策研究部 准主任研究員   鈴木 智也

デジタルトランスフォーメーション(DX) 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中央銀行デジタル通貨(以下、CBDC)が発行されたとき、国民にはどのような影響が及ぶのか。

日本銀行が2022年4月に公表した「生活意識に関するアンケート調査」によると、CBDCという言葉について「見聞きしたことがない」との回答が7割台半ばを占める。

日銀は、CBDCの発行において「最終的に国民の十分な理解が得られることが不可欠」だと強調するが、国内におけるCBDCの認知度は、まだ高いとは言えない。国民がCBDCに関心を持ち、最終的に発行の是非を判断していくには、自らに及ぶ影響を知ることが必要である。

本稿では、CBDCの発行に伴う国民への影響をコスト面から整理し、国民がCBDCの発行是非を判断するためには、どのような情報が必要になるかを考える。

■目次

1――はじめに
2――現金流通に係る国民負担
3――国民の判断に必要なもの
  1|CBDC導入で生じるコスト負担
  2|CBDC導入で得られる社会的便益
4――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

総合政策研究部   准主任研究員

鈴木 智也 (すずき ともや)

研究・専門分野
日本経済・金融

アクセスランキング

レポート紹介

【国民からみるCBDC導入の意味-国民負担と社会的便益】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国民からみるCBDC導入の意味-国民負担と社会的便益のレポート Topへ