2022年06月20日

ロシアGDP(2022年1-3月期)-減速したものの、プラス成長は維持

経済研究部 准主任研究員   高山 武士

アジア・新興国 新興国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

1.結果の概要:前年同期比3.5%とやや減速

6月17日、ロシア連邦統計局は国内総生産(GDP)を公表し、結果は以下の通りとなった。
 

【実質GDP成長率(未季節調整系列)】
2022年1-3月期の前年同期比伸び率は3.5%、予想1(同3.5%)を上回り、前期(同5.0%)から減速した(図表1・2)

(図表1)ロシアの実質GDP成長率(需要項目別寄与度)/(図表2)ロシアの実質GDP成長率(供給項目別寄与度)
 
1 bloomberg集計の中央値。以下の予想値も同様。

2.結果の詳細:西側諸国から経済・金融政策を課されたものの、1-3月期はプラス成長を維持

ロシアの22年1-3月期の実質GDP伸び率は3.5%で、5月18日に公表されていた予備推計値(3.5%)と変わらなかった。また、季節調整系列の前期比は0.5%となり、こちらも21年10-12月期(1.4%)から減速したもののプラス成長は維持している。

ロシアは2月下旬にウクライナに侵攻し、西側諸国から経済・金融制裁を課されている。特に3月以降は政策による経済への影響も大きくなったものと見られるが、成長率は若干の減速に留まり、前年同期比でも前期比でもプラスが維持された。執筆時点では需要別のデータはロシア連邦統計局のウェブサイト上で未公表であるため、公表された産業別データなどを確認したい。

産業別の前年同期比は、ほとんどの業種でプラス成長となっている(図表3)1-3月期は特に、第二次産業の「鉱業」第三次産業の「芸術・娯楽」やの伸び率が高かった。一方、「電気・ガス」「教育」「医療」「自家利用2」はマイナス成長となったが、マイナス幅は小幅だった。
(図表3)ロシアの実質GDP成長率(22年1-3月期)
産業別の前期比は、第一次産業が▲3.6%、第二次産業が0.7%、第三次産業(金融・不動産)が▲1.0%、第三次産業(その他)が0.2%となった。第一次産業や第三次産業(金融・不動産)はマイナス成長だが、急落というほどの落ち込みではない(図表4)。より細かい産業分類で見ると、プラス幅大きかった産業は「運搬」、マイナス幅が大きかった産業は「不動産」だった。

1-3月期の名目成長率は前年同期比27.8%(21年10-12月期は24.8%)、GDPデフレータ伸び率は前年同期比23.4%(同18.8%)だった(図表5)。国内の消費者物価は制裁の影響を受けて3月から急上昇しており(2月9.15%→3月16.69%)3、デフレータも1-3月期には加速した。
(図表4)ロシアの実質GDPの動向(供給項目別)/(図表5)ロシアの名目および実質成長率
(図表6)ロシアの小売売上高・鉱工業生産 なお、西側諸国からの制裁による影響は、生産や消費(小売売上高)を中心に4月の悪化が目立つことから(図表6)、4-6月期以降のGDP統計では、その影響がより生じてくるものと見られる。ただし、現時点で公表されている最新時点(4月)の生産や消費の落ち込み幅は、コロナ禍直後の落ち込み幅よりは限定的なものにとどまっている。

今後、5月以降の状況がどうなっているのか、その状況・データが引き続き注目される。
 
 

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   准主任研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、世界経済

(2022年06月20日「経済・金融フラッシュ」)

アクセスランキング

レポート紹介

【ロシアGDP(2022年1-3月期)-減速したものの、プラス成長は維持】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ロシアGDP(2022年1-3月期)-減速したものの、プラス成長は維持のレポート Topへ