2022年01月28日

イラン暦

保険研究部 准主任研究員   岩﨑 敬子

このレポートの関連カテゴリ

芸術文化 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

現在日本で使われている暦は、グレゴリオ暦である。しかし、日常生活で主に使われている暦がグレゴリオ暦ではない国もある1。その一つがイランである。イランでは、日常生活のほとんどの場面でイラン暦が使われている。本稿では、このイラン暦について、グレゴリオ暦と比較しながら、紹介する。
 
1 中村 (2019.5.13)


■目次

1――イラン暦とは
2――イラン暦とグレゴリオ暦の日付
3――イラン暦の年
4――イラン暦の月の名前
5――ペルシア語の曜日
6――イランのカレンダー
7――イランの日常生活の中で見られる日付
8――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

保険研究部   准主任研究員

岩﨑 敬子 (いわさき けいこ)

研究・専門分野
応用ミクロ計量経済学・行動経済学 

アクセスランキング

レポート紹介

【イラン暦】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

イラン暦のレポート Topへ