2022年01月06日

中国Z世代の働き方

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

2022年、中国における新卒者数は過去最多が見込まれており、若年層、新卒者を中心とした就業が大きな課題となっている。競争社会から自主的に離脱し、低意欲・低消費で生きていく「躺平」(タンピン)も話題となった。社会がデジタル化で大きく変革し、経済的にも恵まれた中で育ったZ世代は、プライベートな時間や生活を大切にする傾向はある。しかし、仕事に対して決して無気力というわけではないようだ。

■目次

1――2022年の新卒者が初めて1千万人を突破、過去最多へ
2――Z世代:IT分野への就職は2割、転職希望も3割
3――Z世代:プライベートな時間や生活をより大切にするも、仕事を通じて技能を高め、
  レベル向上を目指すなど仕事にも意欲的
4――Z世代:仕事をする上で直面する大きな課題は、働く上での意味を見出すこと
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【中国Z世代の働き方】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国Z世代の働き方のレポート Topへ