2021年08月05日

直前に迫る、ベビーブーム世代の大量退職と年金問題(中国)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

中国は、2022年以降、1963年をピークとするベビーブーム世代が定年退職を迎える。ベビーブーム世代の大量退職は生産年齢人口の減少となり、社会保障制度の持続可能性にとっても大きな挑戦となる。人口問題と同様に、老後を支える年金制度も歴史的な転換にある。年金の主務官庁は今般、今後5年間取り組むべき課題や目標を発表した。

■目次

1――2022年以降、1963年をピークとするベビーブーム世代が大量退職へ
2――2020年、年金扶養率は1.57まで縮小。ベビーブーム世代の定年退職は年金積立金の
  余裕度が低い地域を直撃。
3――年金制度に関する今後5年間の整備目標
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【直前に迫る、ベビーブーム世代の大量退職と年金問題(中国)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

直前に迫る、ベビーブーム世代の大量退職と年金問題(中国)のレポート Topへ