2021年03月17日

中国社会保障と第14次5ヵ年計画-2020年とこれからの2025年、2035年

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 中国は、第14次5ヵ年計画と2035年までの長期目標を制定し、今後、2025年、2035年までの国のあり方を示した。
     
  • 留意すべきは、2025年は高齢社会、2035年の翌年の2036年には超高齢社会を迎えるとされており、今後わずか15年という時間で社会が大きく変容する点である。
     
  • 2025年に‘すべての国民がともに豊かになる’という「共同富裕」を目指す中国は、国全体として高所得国に達することはできたとしても、成長が不均衡で不十分である可能性が高い。
     
  • 真の意味で豊かになり、超高齢社会の2035年に備えるには、社会保障制度の更なる整備、再分配機能を活用することで、諸格差を少しでも是正する必要があるであろう。


■目次

1――高齢化する社会への対策にとっても節目の年となる2025年、2035年
2――「やや豊かな生活を感じられる社会の実現」を目標とした2020年
3――2020年時点における第13次5ヵ年計画の実行状況と、引き継がれる課題
4――「高齢社会の到来」と、「すべての国民がともに豊かになること(共同富裕)」を目標とする
   2025年
5――2025年に向けた第14次5ヵ年計画で取り組むべき課題
6――豊かな「超高齢社会」を迎えられるのか、2035年
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【中国社会保障と第14次5ヵ年計画-2020年とこれからの2025年、2035年】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

中国社会保障と第14次5ヵ年計画-2020年とこれからの2025年、2035年のレポート Topへ