2021年06月15日

人口問題に揺れる中国-第3子出生容認へ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(47)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 中国・アジア保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 中国では10年ごとに国勢調査を行っている。その結果が5月に発表されたが、二人っ子政策以降への効果は見られず、国の財政、経済成長を支える現役世代が減少。少子高齢化の急速な進展が明らかになった。
     
  • また、出稼労働者のモニタリング調査では、これまで「メイド・イン・チャイナ」を支えた出稼労働者の総数が初めて減少していることが分かった。主力は30-40歳に変容し、平均年齢は41.4歳と高齢化。ただし、都市化の進展や都市での定住など積極要因もある。
     
  • 人口問題に揺れる政府は、第3子の出生を認める方針を発表。一人っ子政策とは真逆の政策転換である。今後、産児制限の緩和のみならず、現役世代が安心して子育てできる環境や産休の整備、補助の支給など具体案の検討が必要になるであろう。


■目次

1――10年ぶりの国勢調査の結果、二人っ子政策移行の効果は見られず、国の財政、経済成長を
  支える現役世代が減少。少子高齢化の急速な進展が明らかに。
2――「メイド・イン・チャイナ」を支えた出稼労働者の総数も初めて減少に。主力は30―40歳に
  変容し、平均年齢は41.4歳と高齢化。都市化の進展や都市での定住など積極要因も影響。
3――政府は第3子の出生を認める方針を発表。一人っ子政策とは真逆の政策転換。現役世代が
  安心して子育てができる環境や産休の整備、補助の支給など具体案の検討が必要に。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【人口問題に揺れる中国-第3子出生容認へ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(47)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

人口問題に揺れる中国-第3子出生容認へ【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(47)のレポート Topへ