2021年03月29日

女性の労働参加を更に促進、シニアの労働参加は次なる課題(中国)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 中国は、今後迎える高齢社会に対応するため、第14次5ヵ年計画(2021‐2025)のスタートと同時に、「高齢化対策」を国家戦略に格上げした。
     
  • 少子高齢化の緩和策として、政府は2016年に一人っ子政策を緩和している。しかし、出生率は毎年最低を更新するなど、状態は必ずしも好転していない。
     
  • 社会においては、むしろ、労働参加率が60.6%と高い女性について、子育て環境、キャリア形成の整備といった直面する課題を改善することで、労働参加の維持、更には向上が期待されている。
     
  • 一方、高齢者については、女性の労働参加を子育てや家事といった面からサポートし、間接的に労働人口の供給を支えている状態にある。日本とは異なり、高齢者の就業率が元より高いとは言えないことからも、高齢者の労働参加向上を主目的にする取組みは、将来的な課題と考えられているようだ。


■目次

1――中国は「高齢化対策」を国家戦略に格上げ
2――中国の女性労働力率は60.6%と世界トップクラスも低下傾向に
3――見えないキャリアパス、夫婦間で就労時間は同じも、女性に偏る家事・育児負担
4――高齢者が‘間接的’に支える労働市場への労働人口の供給
5――国としては、まず、女性の更なる就労促進のサポートを強化。高齢者の労働参加向上は
  次なる課題。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の保険・年金・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【女性の労働参加を更に促進、シニアの労働参加は次なる課題(中国)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

女性の労働参加を更に促進、シニアの労働参加は次なる課題(中国)のレポート Topへ