2021年11月12日

働く30代の老後不安(中国)

保険研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   片山 ゆき

中国 アジアの社会保障制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

少子高齢化、人口問題の深刻さが増す中国では、老後の経済的な備えをどう確保し、生活を安定させるかが大きな課題となりつつある。老後の収入に対する不安については、一人っ子世代の30代が高い一方、家族扶養が機能している60歳以上の高齢者では相対的に低い状況にある。政府が進める社会扶養と家族扶養の両輪体制は、30代など働く若年層に大きなプレッシャーを与えている。

■目次

1――少子高齢化の急速な進展、老後の生活をどう安定させていくのか。
2――老後の収入に対して不安を感じているのは全体の26%ほど。最も不安を感じている年代は
  30代。‘安心’と考える経済的な備えの目安は73万元(1,200万円)。
3――30代でおよそ4割が老後の経済的な備えを開始。ただし、60歳以上では4人に1人は全く
  準備をしておらず、およそ半数は経済的な備えが50万元(800万円)以下の状況。手段に
  ついては貯金以外に保険や銀行の理財商品など金融商品の活用も進む。
4――希望する受給開始年齢は60歳未満が93.5%、政府が進める受給開始年齢の繰り下げは
  難航模様。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

片山 ゆき (かたやま ゆき)

研究・専門分野
中国の民間保険・社会保障制度

アクセスランキング

レポート紹介

【働く30代の老後不安(中国)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

働く30代の老後不安(中国)のレポート Topへ