2021年06月24日

欧州保険会社が2020年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(1)-全体的な状況報告-

保険研究部 研究理事   中村 亮一

欧州 欧米保険事情 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

欧州の保険会社各社が4月から5月にかけて、単体及びグループベースのSFCR(Solvency and Financial Condition Report:ソルベンシー財務状況報告書)を公表している。これは、2016年にソルベンシーII制度が導入されて以来、5 回目となる対外公表されるソルベンシーと財務状況に関する詳細な報告書となっている。

これらの報告書については、これまでの5年間も保険年金フォーカス等で報告してきた。例えば2019年のSFCRについては、保険年金フォーカス「欧州保険会社が2019年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(1)~(5)」(2020.7.1~2020.7.28)及び基礎研レポート「欧州保険会社の内部モデルの適用状況(標準式との差異)-2019年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)からのリスクカテゴリ毎の差異説明の報告-」(2020.8.3)(以下、「以前のレポート」と呼ぶ)で報告した。

今後複数回のレポートで、AXA、Allianz、Generali、Aviva及びAegonの欧州大手保険グループ5社が公表した2020年のSFCRについて、報告していく。まずは、今回のレポートでは、SFCRの全体的な状況について報告する。次回以降のレポートで、欧州大手保険グループのSFCRから一部の項目(長期保証措置と移行措置の適用による影響、内部モデルと標準式の差異等)を抜粋して報告する。

■目次

1―はじめに
2―SFCR(ソルベンシー財務状況報告書)とは
  1|SFCRとは
  2|SFCRの内容
  3|SFCRの開示
  4|SFCRの開示スケジュール
3―2020年のSFCRの全体的な状況
  1|公表時期(単体及びグループのSFCR)
  2|ボリューム(ページ数)
  3|使用言語
  4|QRTsの取扱
  5|独立監査人による監査報告書
  6|その他
4―ソルベンシーIIレビューにおけるSFCR改正の動き
5―まとめ
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   研究理事

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

アクセスランキング

レポート紹介

【欧州保険会社が2020年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(1)-全体的な状況報告-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

欧州保険会社が2020年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(1)-全体的な状況報告-のレポート Topへ