2021年06月01日

家族計画の変化に見る、新型コロナの少子化への影響(3)-将来持ちたい子の数の減少について-

保険研究部 准主任研究員   岩﨑 敬子

新型コロナウイルス ライフデザイン などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナ感染症は少子化にどういった影響を与えるのか。本稿では、ニッセイ基礎研究所が実施した独自のWEBアンケート調査を用いた、コロナ禍での家族計画の変化に関する3つの傾向についての分析(一時的に妊娠を控える傾向、将来的に持ちたい子の数の減少、そして、結婚意欲の高まり)のうち、2つ目として、将来的に持ちたい子の数が減少した人の割合と要因、及び、特徴についての分析結果を紹介する。

■目次

1―― はじめに
2―― 新型コロナによって中期的に予想される出生数の減少は約2%
3―― 将来持ちたい子の数が減った最も大きな理由は「子育てへの経済的な不安」
4―― 将来的に持ちたい子の数が減少した人の特徴
5―― おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   准主任研究員

岩﨑 敬子 (いわさき けいこ)

研究・専門分野
災害復興、金融・健康行動、メンタルヘルス、ソーシャル・キャピタル

アクセスランキング

レポート紹介

【家族計画の変化に見る、新型コロナの少子化への影響(3)-将来持ちたい子の数の減少について-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

家族計画の変化に見る、新型コロナの少子化への影響(3)-将来持ちたい子の数の減少について-のレポート Topへ