2020年12月04日

ブラジルGDP(2020年7-9月期)-前期比7.7%と反発も、不透明感は強い

経済研究部 准主任研究員   高山 武士

アジア・新興国 アジア・新興国経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

1.結果の概要:7-9月期は前期比7.7%

12月3日、ブラジル地理統計院(IBGE)は国内総生産(GDP)を公表し、結果は以下の通りとなった。
 

【実質GDP成長率(2020年7-9月期)】
前年同期比伸び率(未季節調整値)は▲3.9%、市場予想1(同▲3.5%)より下振れ、前期(▲10.9%)からはマイナス幅を縮小した(図表1・2)
前期比伸び率(季節調整値)は7.7%、予想(同8.7%)より下振れ、前期(同▲9.6%)からは反発した。

(図表1)ブラジルの実質GDP成長率(需要項目別寄与度)/(図表2)ブラジルの実質GDP成長率(産業別寄与度)
 
1 bloomberg集計の中央値。以下の予想値も同様。

2.結果の詳細:サービス産業の回復は弱く、先行きの不透明感は依然として強い

7-9月期の実質GDP伸び率は前期比7.7%(季節調整値、年率換算34.6%)と4-6月期の急減(前期比▲9.6%)から反発した。需要項目別には、個人消費が7.6%(前期:▲11.3%)、政府消費が3.5%(前期:▲7.7%)、投資11.0%(前期:▲16.5%)、輸出が▲2.1%(前期:1.6%)、輸入が▲9.6%(前期:▲12.4%)となった。輸出入を除いた主要項目はいずれも4-6月期の減少かは反発している。ただし、反発力は弱く前年同期比(未季節調整値)を見ると、個人消費▲6.0%、投資▲7.8%、政府消費▲5.2%といずれも5%以上のマイナス圏にある。輸出入では輸出が▲1.1%、輸入▲25.0%であり、消費・投資・輸入からは内需の弱さがうかがえる。

次に産業分類別に実質GDPの伸び率を見ると、10-12月期は前期比では多くのセクターで反発している(図表3)。大分類では「第二次産業」で前期比14.8%と大きく反発、前年同期比でも▲0.9と小幅マイナスの状態まで改善している。製造業の反発が強かったことが主因と考えられる。一方、「第三次産業」は前期比6.3%、前年同期比で▲4.8%と回復力は弱い。「その他(専門サービス、生活関連サービス、娯楽等)」(前年同期比▲14.4%)、「運輸」(同▲10.4%)といった人の移動を伴うサービス産業が依然として低水準にある。
(図表3)業種別のGDP伸び率
GDPの水準を時系列で見ると、需要別では、輸出が底堅く推移するなか個人消費や投資の反発に伴いGDPが回復していることが分かる。ただし輸入は依然として金融危機前後の水準にとどまる(図表4)。産業別には第二次産業が大きく反発したものの、シェアの大きい第三次産業の戻りが弱いことが、GDPの回復力の弱さにつながっていることが読み取れる(図表5)。
(図表4)ブラジルの実質GDPの動向(需要項目別)/(図表5)ブラジルの実質GDPの動向(供給項目別)
ブラジルの足もとの経済状況を見ると、全体的な経済活動の動向を把握できる経済活動指数(IBC-Br)は前年同期比でのマイナス幅を縮小させており、9月は前年同期比▲2.0%まで回復している。ただし、経済活動の回復ペースは鈍化しているほか、政府の主要支援策である現金給付2についても、ボルソナロ大統領は12月末で打ち切る姿勢を示しており、来年以降は支援策による景気下支え効果は弱まると見られる。新型コロナウイルスの感染者数も夏のピークほどではないが、足もとで拡大傾向にあり、ブラジル経済の先行きは依然として不透明感が強いと考えられる。
 
2 低所得者向けの現金給付で月額。600レアルは最低賃金の約60%程度の水準となる。6500万人以上が受け取ったとされている。12月末まで延長されたが、9月からの給付金額は300レアルに半減された。
 
 

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

経済研究部   准主任研究員

高山 武士 (たかやま たけし)

研究・専門分野
欧州経済、国際経済

(2020年12月04日「経済・金融フラッシュ」)

アクセスランキング

レポート紹介

【ブラジルGDP(2020年7-9月期)-前期比7.7%と反発も、不透明感は強い】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ブラジルGDP(2020年7-9月期)-前期比7.7%と反発も、不透明感は強いのレポート Topへ