2020年07月29日

通勤時間と幸福度の関係―在宅勤務拡大で幸福度は高まるか?―

保険研究部 研究員   岩﨑 敬子

新型コロナウイルス 消費者行動 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新型コロナウイルス感染症の拡大は、在宅勤務を含めたリモートワークの制度拡大のきっかけになっている。こうした中で在宅勤務による様々なストレスが報告されている一方で、在宅勤務になってこれまで通勤や身支度にかかっていた時間を節約できることで、生活の質が向上したと感じている方もいるのではないだろうか。実際に通勤時間と幸福度の間には負の相関が見られることがこれまで欧米で行われてきたいくつかの研究で報告されている。しかし、日本での通勤時間と幸福度の関係に関する研究はこれまでほとんど無い。そこで、本稿では日本での状況をとらえるために、ニッセイ基礎研究所が行った独自の調査を用いた分析結果を紹介する。本分析では日本でも通勤時間と幸福感の間には負の関係が見られることが確認された。

■目次

1――はじめに
2――調査の概要
3――幸福度と通勤時間の分布
  1| 幸福度の分布
  2| 片道通勤時間の分布
4――幸福度と通勤時間の関係
  1| 通勤時間別の幸福度の平均値
  2| 通勤時間と幸福度の関係を重回帰分析で捉える
5――本分析の貢献と課題
6――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
58864_ext_01_0.jpeg

保険研究部   研究員

岩﨑 敬子 (いわさき けいこ)

研究・専門分野
災害復興、金融・健康行動、メンタルヘルス、ソーシャル・キャピタル

アクセスランキング

レポート紹介

【通勤時間と幸福度の関係―在宅勤務拡大で幸福度は高まるか?―】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

通勤時間と幸福度の関係―在宅勤務拡大で幸福度は高まるか?―のレポート Topへ