2020年06月04日

日銀も低コスト投信にシフト!? 国民負担の軽減は極めて限定的

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

ETF 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

日本銀行がETF(上場投資信託)の買入方法を変更した。年間6兆円のうち集中的に買入れてきたETFは信託報酬率(保有コスト率)が相対的に高いが、今後はコスト率の低いETFを従来よりも多く買入れることになりそうだ。
 
日銀のETF保有コスト(現在、年間約500億円)は国民負担なのでコスト低減効果を期待したいところだが、検証の結果、今回のルール変更による効果は極めて限定的であることが明らかになった。
 
日銀がETF買入政策を続けるのであれば、今後も増加が見込まれる保有コストについても真剣な議論が求められているのではないか。
 
◆ポイント
 
  1. 今回のルール変更で相対的にコスト率が低いETFの買入額が増加。
  2. だが、約500億円(向こう1年間)のコスト低減効果は約0.16億円と極めて限定的。
  3. たとえば各社のETFを均等に保有すれば、向こう1年間で約72億円(10年間で約1,300億円)の保有コスト削減が期待できる。
高コストETFほど日銀の保有割合が大きい
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
66_ext_01_0.jpeg

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【日銀も低コスト投信にシフト!? 国民負担の軽減は極めて限定的】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀も低コスト投信にシフト!? 国民負担の軽減は極めて限定的のレポート Topへ