2019年11月25日

日銀のETF買いに異変?

金融研究部 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト   井出 真吾

日本銀行 金融政策 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 日銀のETF(上場投資信託)買入政策が久しぶりに話題になった。11月13日と14日に株価がやや大きく下落したにもかかわらず、日銀がETFの買い入れを見送ったからだ。
     
  • 日銀は株価の下落率だけではなく、リスクプレミアムなどを総合的に判断して買入れを行っている。11月13日と14日は、PERが高い(=リスクプレミアムが低い)ため買入れを見送ったと推察される。
     
  • 今回の買入れ見送りは、「出口」と「コスト」を意識し、不必要なETFの買入れをおさえることで、今後も緩和を継続するための措置といえるだろう。

■目次

■日銀が買入基準を変更?
■市場がザワついたのも当然!?
■TOPIXの下落率だけで決めていない
■ETF買入れ政策の持続性を強化
■政策の持続性を強化
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

金融研究部   上席研究員 チーフ株式ストラテジスト

井出 真吾 (いで しんご)

研究・専門分野
株式市場・株式投資・マクロ経済

アクセスランキング

レポート紹介

【日銀のETF買いに異変?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日銀のETF買いに異変?のレポート Topへ