2020年04月21日

数字で振り返る介護保険制度の20年-サービス利用、保険料の変遷などで浮き彫りになる光と影

保険研究部 主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任   三原 岳

医療・介護制度改革 介護保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

加齢による要介護リスクをカバーするための社会保険制度として、介護保険制度が発足して4月で20年を迎えた。既に(上)(下)2回の企画として、介護保険制度の理念、その後の変化などを探ったが、今回は介護保険制度の20年を数字で振り返る。

具体的には、高齢化率の進展や要介護認定者の増加、サービスの利用状況や提供体制の変遷に加えて、介護保険制度の財政規模や保険料、介護現場で働く人の数がどう増えたか考察した上で、制度創設時に期待されていた在宅サービスの充実が一定程度、図られた「光」の部分に焦点を当てる。その一方で、財政の逼迫と人手不足に伴って制度の持続可能性が問われており、こうした「影」の部分も明らかにする。

なお、統計の制約上、厳密に言えば「20年」とはならない点をご了承いただきたい。

■目次

1――はじめに~数字で振り返る介護保険制度の20年の「光」と「影」~
2――高齢化率の進展
3――要介護認定者の増加
4――サービス利用状況の変遷
  1|在宅サービスはどこまで伸びたか
  2|在宅サービスを中心としたサービスの種類別に見た予算の変遷
  3|在宅、地域密着、施設で区分した予算のシェアの変遷
5――サービス提供体制の変遷
  1|事業所数の変遷
  2|サービス提供者の開設者別内訳の変遷
6――財政、保険料の変遷
  1|財政規模の変遷
  2|過去の推計との比較
  1|財政規模の変遷
  2|過去の推計との比較
7――負担と給付を巡る関係の再考が必要~20年の「光」と「影」~
8――介護職員数の変遷
9――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

保険研究部   主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任

三原 岳 (みはら たかし)

研究・専門分野
医療・介護・福祉、政策過程論

アクセスランキング

レポート紹介

【数字で振り返る介護保険制度の20年-サービス利用、保険料の変遷などで浮き彫りになる光と影】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

数字で振り返る介護保険制度の20年-サービス利用、保険料の変遷などで浮き彫りになる光と影のレポート Topへ