2020年01月24日

世界の観光市場における日本の立ち位置を考える~2030年訪日客6000万人は達成可能か?

金融研究部 准主任研究員   渡邊 布味子

このレポートの関連カテゴリ

不動産市場・不動産市況 日本経済 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

観光庁によると、2019年の訪日外国人客数(以下、訪日客数)は3,188万人となり8年連続で増加したが、伸び率は2018年が+9%、2019年が+2%となり減速傾向が強まっている。日本政府は2030年に訪日客数を6,000万人とする高い目標を掲げており、その実現可能性を世界の観光市場の潮流、日本の立ち位置とともに考えたい。
 
日本の観光競争力について確認する。2019年の世界経済フォーラムの調査によると、日本の観光競争力は「スペイン」、「フランス」、「ドイツ」に次いで世界第4位、と高い潜在能力を有している。一方で、日本のインバウンド客数は観光競争力の水準に追いついておらず、依然として伸びしろが大きい。
 
アウトバウンド市場(海外旅行客の出国地)の動向からその理由を考えると、観光市場は「ヨーロッパ」が中心であり、日本のインバウンド客数がヨーロッパ諸国を下回ることは、やむを得ない面もありそうだ。それでは、「アジア・太平洋」における日本の立ち位置はどうか。
 
過去30年でみると、「アジア・太平洋」は世界平均を上回る高成長を実現しており、インバウンド客数は現在の3.5億人から2030年には5.4億人へ増加する見込みである。「日本」は「アジア・太平洋」への依存が高く、その恩恵を大いに受けることができそうだ。一方で、欧米からの比率が低く、インバウンド客数を増やしていくには、これらの比率が高い「中国」や「タイ」の取り組みに学んで参考にできることも多いのではないだろうか。
 
2030年訪日客数6,000万人を実現性について簡単に予測すると、「日本」が「アジア・太平洋」と同水準の成長を実現した場合(試算①)には政府目標には届かない水準に、また試算①に加えて「ヨーロッパ」と「米州」からの訪日客誘致に成功し同比率を高めることができた場合(試算②)は2030年に訪日客数6,000万人となり、政府目標を達成する。2020年はオリンピック・パラリンピックが開催されて、諸外国からの日本への関心が高まり、世界の観光市場へアピールする絶好の機会であり、欧米から多くの観光客を誘致することで、日本の観光市場はさらに大きく成長することができるだろう。

■目次

1―― 2019年の訪日客数は前年比2%増加。伸び率の鈍化が顕著に
2―― 日本の観光競争力は高く、訪日客数の伸びしろは依然として大きい
3―― 世界のアウトバウンド市場はヨーロッパを中心としている
4―― 「アジア・太平洋」における日本の立ち位置
  (1)「アジア・太平洋」は世界平均を上回る高成長。2010年代の「日本」の成長率
    は突出して高い
  (2)今後の「アジア・太平洋」の成長率は年率4.2%、世界平均を上回る見通し
  (3)「中国」、「タイ」と比較し、「日本」の特徴を確認する
5―― 2030年訪日客数6000万人達成には、欧米からの集客増が不可欠
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

金融研究部   准主任研究員

渡邊 布味子 (わたなべ ふみこ)

研究・専門分野
不動産市場、不動産投資

アクセスランキング

レポート紹介

【世界の観光市場における日本の立ち位置を考える~2030年訪日客6000万人は達成可能か?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

世界の観光市場における日本の立ち位置を考える~2030年訪日客6000万人は達成可能か?のレポート Topへ