2019年09月24日

気になる訪日外国人客数の伸び悩み-訪日主要国の需要が一巡した可能性はないか

金融研究部 准主任研究員   渡邊 布味子

オリンピック・パラリンピック 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

訪日外国人客(訪日客)を対象とする観光業はこれからも持続的成長が期待される分野の1つである。しかし、最近の訪日客数全体の伸び率には減速傾向が見られる。これまで増加を牽引してきた国において訪日需要が一巡してしまっている可能性はないだろうか。
 
2018年の訪日客数を国別にみると、中国が全体を上回る伸びを示す一方で、韓国・台湾・香港の落ち込みが目立つ。また中国は、初めて日本を訪れる「初回訪日客」が依然として半数以上を占めているのに対し、韓国、台湾、香港はこれまでに日本を訪れた経験を持ち日本をよく知る「リピーター」が中心となっていることが分かる。
 
さらに、初回訪日客の累計数を対人口比で比較すると、中国が2%であるのに対して、韓国は29%、台湾は35%、香港は37%と、一度でも日本を訪れたことのある人が既に総人口の3~4割を占めており、訪日経験者の割合が他の国より著しく高くなっている。この3カ国からの訪日客の回復には「リピーター」の取り込みに向けた一層の訴求が求められそうだ。
 
一方、それ以外の国に目を向けてみると、訪日外国人客数は着実に増加している。訪日外国人客数上位5-15位の国籍・地域における増加率は、アメリカ、ベトナム、イギリス、カナダなどの国が大きく、初回訪日客の累計数の人口割合も低く、今後は牽引役候補となる可能性もありそうだ。
 
足元では日韓関係の冷え込みがインバウンド需要の先行きに影を落としている。しかし、これまでも観光業は対外的な政治問題や災害による影響を受け続けてきた産業で、官民一体となった取り組みによって、訪日外国人客数は増加してきた。今後とも需要層のニーズをきめ細かく汲み取ることで、さらなる増加に向けた努力が求められる。

■目次

1――はじめに
2――2018年までの訪日外国人客数の動向
3――アジア4カ国における訪日外国人客数の動向
4――アジア4カ国の初回訪日客数が全体に占める割合
5――アジア4カ国の初回訪日客数の人口比
6――上位5-15位の国籍・地域の初回訪日客数の人口比
7――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
58762_ext_01_0.jpeg

金融研究部   准主任研究員

渡邊 布味子 (わたなべ ふみこ)

研究・専門分野
不動産市場、不動産投資

アクセスランキング

レポート紹介

【気になる訪日外国人客数の伸び悩み-訪日主要国の需要が一巡した可能性はないか】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

気になる訪日外国人客数の伸び悩み-訪日主要国の需要が一巡した可能性はないかのレポート Topへ