2019年08月19日

感染症の現状 (後編)-感染症は人類の歴史をどう変えたか?

保険研究部 主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

健康経営 医療保険制度 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

前稿(前編)では、感染症の概要と、医療関連感染について概観していった。薬剤耐性菌の問題など、感染症対策ならでは課題についてみていった。

本稿では、市中感染を主なテーマとする。過去に発生した感染症のアウトブレイク(感染患者の発生)を簡単に振り返り、そこからいくつかの気づきを抽出していく。また、病気が拡大する様子を表す数理モデルについても簡単に触れていく。その上で、最後に、感染症への対策について、まとめと私見を述べることとしたい。

前稿と本稿を通じて、読者に、感染症対策への関心と理解を深めていただければ、幸いである。

■目次

0――はじめに
1――感染症の歴史
2――大昔からある感染症
  1|ペストは14世紀にヨーロッパで蔓延し、人口減少をもたらした
  2|「結核は過去の病気ではありません」
  3|天然痘は人類が根絶できた唯一の感染症
  4|スペイン・インフルエンザでは、世界で5,000万人が死亡
  5|麻疹は空気感染による感染力が高い
  6|風疹は先天性風疹症候群の防止が必要
  7|梅毒は、男性20~40歳代、女性20歳代で患者報告数が多い
3――近年、猛威を振るっている感染症
  1|マラリアは、薬剤耐性を持つ原虫や、殺虫剤耐性を持つ蚊が出現して対応が困難に
  2|エイズは、発症していきなりエイズ患者であることが判明するケースが約30%と
   高率で推移
  3|コレラは、地球温暖化により海水温が上昇することで、感染拡大のリスクが高まっている
  4|エボラウイルス病は、開発されたワクチンの効果が期待されている
  5|肺炎は高齢化とともに死亡率が上昇し、死因別死亡率の第3位となっている
  6|食中毒は、さまざまな病原微生物 (細菌、ウイルス、寄生虫) により発生する
  7|がんには、病原微生物によって引き起こされるものもある
  8|ウイルス性肝炎のうち、C型肝炎では治癒率の高い抗ウイルス薬が開発されている
4――感染症の数理モデル
  1|感染症の拡大予防には、「集団免疫」が重要
  2|SIRモデルをもとに感染拡大の様子を分析
5――感染拡大防止策と感染予防策
  1|感染症法は、危険性に応じて感染症を分類して、対応や措置を定めている
  2|予防接種は勧奨接種や任意接種としてさまざまなものが行われている
6――おわりに (私見)
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   主席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

アクセスランキング

レポート紹介

【感染症の現状 (後編)-感染症は人類の歴史をどう変えたか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

感染症の現状 (後編)-感染症は人類の歴史をどう変えたか?のレポート Topへ