2019年03月12日

ドローン保険の普及-ドローンの事故に対する補償は、どこまで進んでいるか?

保険研究部 上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

保険商品 保険法制・規制 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

新時代の科学技術の1つとして、ドローンへの注目が高まっている。農業、構造物検査、不動産調査など多くの分野で商業用ドローンの活用範囲が広がっている。これに併せて、法規制の整備が進められてきた。保険分野では、ドローン保険が販売されている。本稿では、ドローンとドローン保険の現状を概観するとともに、今後の展開をみていくこととしたい。

■目次

1――はじめに
2――ドローンとその市場・用途
  1|ドローンには翼が回転するものと固定されているものがある
  2|ドローンの市場は急拡大するとみられている
  3|ドローンの用途として、さまざまな活用が検討されている
3――ドローンに関する規制整備
  1|日本は、いち早く規制を整備した
  2|アメリカは、操縦者の免許制度を導入した
4――日本のドローン保険
5――アメリカでのドローン保険を巡る議論
  1|娯楽用ドローンに対する保険をどう取り扱うか
  2|賠償責任の補償はどのような保険で構えるか
  3|保険料を運航分に応じて設定するドローン保険は妥当か
  4|経験データが乏しい中でドローン保険の保険料をどう設定すべきか
  5|賠償責任補償の改良をどのように図るべきか
  6|将来、有視界外へドローンの運航範囲が拡大されるときに、ドローン保険は
   どう対応すべきか
6――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【ドローン保険の普及-ドローンの事故に対する補償は、どこまで進んでいるか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ドローン保険の普及-ドローンの事故に対する補償は、どこまで進んでいるか?のレポート Topへ