2019年02月15日

東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2019年)

金融研究部 准主任研究員・総合政策研究部兼任   吉田 資

オフィスレントインデックス 不動産市場・不動産市況 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

東京都心部Aクラスビルの需給改善は継続しており、2018年第4四半期の空室率は1%を下回り、2000年以降で過去最低水準となった。極めて逼迫した需給環境を反映し、成約賃料は上昇を続けており、40,000円/月・坪目前に達した。本稿では、東京都心部のAクラスビルのオフィス市況を概観した上で、2023年までの賃料と空室率の予測を行った。

■目次

1. はじめに
2. 東京都心部Aクラスビル市場の現状
  2-1 空室率および成約賃料の動向
  2-2 旺盛なオフィス需要を支える要因
3. 東京都心部Aクラスビルの市況見通し
  3-1 経済見通しおよびオフィスワーカー数の見通し
  3-2 Aクラスビルの新規供給見通し
  3-3 Aクラスビルの空室率および成約賃料の見通し
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
57681_ext_01_0.jpeg

金融研究部   准主任研究員・総合政策研究部兼任

吉田 資 (よしだ たすく)

研究・専門分野
不動産市場、投資分析

レポート

アクセスランキング

【東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2019年)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

東京都心部Aクラスビルのオフィス市況見通し(2019年)のレポート Topへ