2017年02月15日

若年層の消費実態(5)-どこまで進んだ?デジタル・ネイティブ世代の「テレビ離れ」と「ネット志向」

生活研究部 上席研究員   久我 尚子

消費者行動 マーケティング などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 本稿では、「若年層の消費実態」レポート第五弾として、デジタル・ネイティブ世代である今の若者のメディア利用状況や通信費の変化を捉えるとともに、情報通信技術の進化が消費行動へ与える影響について考察した。
     
  • 20代のメディア利用時間の変化を見ると、世間で言われている通り、今の若者では「テレビ離れ」と「ネット志向」が進んでいる。過去の変化率から将来を予測すると、2017年には20代男性でテレビをインターネットが上回る。ただし、現在のところ、テレビの利用時間は他のメディアと比べて長く、テレビには無視できない影響力があるようだ。
     
  • 今の若者の通信費はバブル期より倍増し、2000年初頭と比べてもおおむね増えている。既出レポートでは、外食やアルコール、ファッション、クルマなどにおいて、バブル期と比べて今の若者は「お金を使わない」様子がうかがえたが、「通信には時間もお金も使う」ようになっている。また、近年の技術進化を鑑みると、今の若者は、支出の増加分以上にハイレベルなデジタルライフを楽しめるようになっている。
     
  • 情報通信技術の進化が消費行動へ与える影響については、インターネット上の大量の無料情報や便利なアプリケーションサービスの存在により、今の若者は「お金を使わなくても便利なものがたくさんある」、「情報は無料」という価値観を持つとともに、比較検討志向やコスパ志向が強く、価格感度が高いことが考えられる。
     
  • 今の若者へのアプローチを考える際は、デジタル・ネイティブ世代ならではの消費価値観を理解し、テレビとインターネット、SNSなどの複数メディアを組み合わせる「クロスメディア」戦略により、情報の流れにいかに入りこむかが鍵である。

■目次

1――はじめに
2――デジタル・ネイティブ世代の成長と情報通信技術の進化
  ~ネットやケータイの普及・進化とともに育つ

3――デジタル・ネイティブ世代のメディア利用の状況
  1|メディア利用時間の変化
   ~「テレビ離れ」・「ネット志向」の進行で2017年には20代男性で逆転の予測、
    現在のところ「ながら利用」でテレビ利用時間が最も長い
  2|インターネット利用内容の変化
   ~利用端末はPCからスマホへ、SNSや動画視聴、ゲーム利用の増加
4――デジタル・ネイティブ世代の通信費の変化
  1|若年単身世帯の通信費の変化~バブル期の実質2倍、近年も増加傾向
  2|情報通信技術の進化が消費行動へ与える影響
   ~情報は無料、比較検討・コスパ志向の強まり
5――おわりに
twitter Facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

生活研究部   上席研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、マーケティング

アクセスランキング

レポート紹介

【若年層の消費実態(5)-どこまで進んだ?デジタル・ネイティブ世代の「テレビ離れ」と「ネット志向」】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

若年層の消費実態(5)-どこまで進んだ?デジタル・ネイティブ世代の「テレビ離れ」と「ネット志向」のレポート Topへ