保険販売

「保険販売」の一覧では、米国・欧州での保険販売動向、商品戦略、販売チャネル、マーケティング、顧客保護の取り組み、加入実態調査等、保険販売にかかわる諸問題について分析を行います。また、ビッグデータのマーケティングでの活用の可能性、海外・わが国の銀行窓販の状況、拡大する保険ショップ、契約後確認活動の評価等、保険販売にかかわる新しいテーマについても調査・分析を行います。

年で絞り込む

2017年07月25日

EUと米国の間の再保険規制を巡る動きについて-トランプ政権もカバード・アグリーメントを承認へ-

「欧州連合(EU)と米国の対話プロジェクト(EU-US Dialogue Project)」及びそこで協議されていた「カバード・アグリーメント(Covered ...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年07月04日

ファミレスやカフェでの生保販売増えてませんか?-生命保険の説明や販売はどこで行われているのか-生命保険は「自宅」で説明や販売が行われるのが前提?-

56096_ext_03_0_S.jpg

「生命保険は家庭への訪問販売で売られるもの」という認識がある。この認識は生保業界内に、より強く浸透しているように思う。顧客の勤務先でコンタクトできればいい...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年07月03日

チャネル多様化の進展状況-保険ショップ・FPチャネルにおける加入行動の変化の状況

足下の保険ショップの店舗数は、全体としては約2千店と概ね横ばいの状況にある。仮に、保険ショップ1店舗あたりの保険販売従事者が10人とすると、全国で2万人あ...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年06月27日

諸利率について(1) 貸付利率-契約者貸付利率、保険料自動振替貸付利率

諸利率とは、保険契約に適用される利率を意味し、契約者に対する貸付利率、保険料の前納割引利率・積立利率、配当金の積立利率、保険金や給付金を据え置いた場合の据...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2017年06月20日

潮目が変わる、中国保険業界-行政トップの事実上更迭、安邦保険グループトップの拘束のその先【アジア・新興国】中国保険市場の最新動向(26)

今年に入って、中国の保険会社や、保険行政トップの動向が紙面に載ることが多い。例えば、中堅生保の前海人寿、恒大人寿による不動産大手の万科株の敵対的買収に対す...

続きを読む

片山 ゆき

片山 ゆき

保険研究部

2017年05月22日

Brexitを踏まえた保険会社の拠点移転等を巡る動きについて-英国のパスポート権の喪失を見据えた保険会社及び監督当局の対応-

英国のEU(欧州連合)からの離脱(Brexit)については、約1年前に、保険・年金フォーカス「英国のEU離脱(Brexit)は英国の保険会社にどのような影...

続きを読む

中村 亮一

中村 亮一

保険研究部

2017年04月28日

インドネシアの生命保険市場-期待の生保新興市場インドネシアの状況-

インドネシアの生保市場には、わが国からの6社を含め、各国から多くの有力保険会社が参入している。こうした状況は、インドネシア生保市場の将来性に対する期待が非...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年04月18日

最近の自然災害の状況-災害・防災、ときどき保険(1)

起こりうる自然災害には、地震、津波、噴火、豪雨、豪雪といったものがある。自然災害のうち規模の大きなものは、特に命名されたり、災害救助法が適用されたり、自衛...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年03月28日

地震保険の改定-保険料値上げが続く?

地震保険は、1966年の創設以来、常に内容が見直されてきている。2017年1月には、損害区分の細分化と保険料率の改定が行なわれた。最新の危険度を反映した保...

続きを読む

安井 義浩

安井 義浩

保険研究部

2017年02月14日

米国では、人々はどのように生命保険に加入しているのか(4)-リムラ&ライフハプンズの保険バロメータースタディより-米国の人々が好ましいと考える生命保険販売チャネルとは-

米国LIMRA&Life Happensの“2016 Insurance Barometer Study”のデータを用いて、米国の人々がどのように生命保険に加入し...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2017年01月17日

「保険」との適切な距離感とは-「生活保障調査」からみる若年加入者の加入状況の変化

他の業界同様、保険においても若年層の「○○離れ」が喧伝されてきた。一方で、各種調査にみられるように結婚や出産といったライフイベントを経験した層では、従来と...

続きを読む

井上 智紀

井上 智紀

生活研究部

2017年01月12日

米国では、人々はどのように生命保険に加入しているのか(3)~リムラ&ライフハプンズの保険バロメータースタディより-米国の生命保険非加入者が生命保険に加入しない理由-

米国LIMRA&Life Happensの“2016 Insurance Barometer Study”のデータを用いて、「米国の人々がどのように生命保険に加入...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2016年11月01日

米国では、人々はどのように生命保険に加入しているのか(1)~リムラ&ライフハプンズの保険バロメータースタディより-生命保険加入率と加入者の充足度の状況-

LIMRA &Life Happensの”2016 Insurance Barometer Study”のデータから米国の人々がどのように生命保険に加入しているのか...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2016年10月25日

生命保険の普及状況-世帯加入率、浸透率、人口に対する保有契約の割合

わが国の生命保険の加入率については、生命保険文化センターの2人以上の世帯に対する調査である「生命保険に関する全国実態調査」での「世帯加入率」が著名である。...

続きを読む

小林 雅史

小林 雅史

保険研究部

2016年10月05日

米国における個人生命保険の販売動向(2015)-グラフで見る40年間の動き-

米国における個人向け生命保険商品(主に死亡保障、貯蓄等を主目的とする保険商品で、個人と生保会社が契約するタイプのもの。医療保険、介護保険等は含まない)の販...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2016年09月13日

サイバーリスク保険の普及-サイバーリスクは、保険でどこまでカバーできるのか?

近年、世界的に、サイバーリスクが高まっている。各国の政府、企業等において、サイバーテロへの対策が、重要な課題として捉えられている。ネット上で、ハッカーは、...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年09月05日

頃合のよい、いい加減さ-リスクの違いは、どこまで保険料に反映すべきか?

53767_ext_03_0_S.jpg

保険は、加入者のリスクを、集団で補い合うことで成り立つ。生命保険を例にとると、家計を支える人が死亡した場合、遺族が生活を続けるためには、通常、何千万円もの...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年06月28日

医薬品・医療機器の現状 2015年度総まとめ

少子高齢化と財政赤字の拡大が進む中で、社会保障制度の改革が必要とされている。特に、医療制度・介護制度の見直しにより、医療費・介護費を抑制することと、高齢化...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

2016年06月27日

米国「長寿年金」の動向-適格長寿年金契約(QLAC)に関する税制の確定を受け、401(k)、IRA等、年金プランからの投資が期待される-

米国では、ベビーブーマー世代(1946年~1964年生まれ)の退職が近づくにつれ、退職後の生活資金が枯渇する人が多く出るのではないかとの懸念が高まった。そ...

続きを読む

松岡 博司

松岡 博司

保険研究部

2016年06月14日

予測分析の生保への活用-生保の契約査定には、どこまで予測を織り込めるか?

近年、欧米を中心に、ビッグデータの収集・分析を通じて、効果的・効率的に、意思決定を行おうとする動きが進んでいる。背景には、情報・通信分野で進む、急速な技術...

続きを読む

篠原 拓也

篠原 拓也

保険研究部

関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

保険販売のレポート一覧ページです。【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

保険販売のレポート Topへ