2018年03月12日

共働き・子育て世帯の消費実態(3)~利便性重視志向の食生活、高い教育熱、クルマやスマホ所有が多く買い替え頻度も高い?時短・代行ニ ーズの理解が鍵。

生活研究部 主任研究員   久我 尚子

消費者行動 個人消費 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨
 
  • 本稿では、共働き世帯と専業主婦世帯の直近の消費支出の内訳について、主要品目だけでなく個別品目の違いまで見ることで、特徴を詳しく捉える。共働き世帯は専業主婦世帯より「教育」や「交通・通信」、「その他の消費支出」が多く、「住居」が少ない。
     
  • 消費内訳で最多の「食料」では、共働き世帯で妻の収入が多いほど「外食」や「調理食品」が多く、食材が少ない。共働きで妻がフルタイムで働く世帯ほど、利便性重視志向(時短・代行ニーズ)の強い食生活を送っており、「家事サービス」の利用も多い。
     
  • 共働き世帯で多い「教育」の内訳を見ると、共働き世帯の方が私立へ子供を通わせている家庭が多く、学習塾代も多い。近年では小学校受験にも働く母親の存在感がある。習い事付き学童保育や習い事送迎タクシーなどのサービスも登場しており、今後とも多方面に渡り教育熱は高まりそうだ。
     
  • 「交通・通信」の内訳を見ると、共働き世帯の方が自動車やスマートフォンの所有台数が多いために支出がかさんでおり、買い替え頻度が高い(あるいは高額品を買っている)可能性もある。背景には、共働き世帯では通勤手段として自動車が複数必要であったり、在宅率の低さから通信手段の必要性が高いこと、世帯収入が比較的多いことなどがあげられる。
     
  • 「その他の消費支出」では、共働き世帯の方が雑費がかさみ、使途不明金が多い。使途不明金の多さは、複数の有業者がいることによる個計化の影響もある。
     
  • 今後、ますます共働きが増え、消費力のあるパワーカップルも増えるだろう。フルタイムで働く女性が増えると、多方面に渡り、時間・代行ニーズが広がるだろう。政策は進んでいるが、両立環境の整備は過渡期だ。共働き世帯が何に困り、何を必要としているのか、そこに個人消費活性化の鍵が眠っている。

■目次

1――はじめに
2――共働き世帯と専業主婦世帯の消費支出内訳の比較
  1|主要品目の比較~共働きでは「教育」や「交通・通信」が多く、
   「住居」が少ない
  2|「食料」の内訳の比較~妻フルタイム世帯ほど利便性重視志向が強く、
   家事代行利用も多い
  3|「教育」の内訳の比較~共働きで授業料が高く私立児童が多い傾向、
   「お受験」に働く母の存在感も
  4|「交通・通信」の内訳の比較~共働きでクルマやスマホの保有台数が多く、
   買い替え頻度も高い?
  5|「その他の消費支出」の内訳の比較~共働きで雑費がかさみ、
   個計化で使途不明金も多い傾向
3――おわりに
 ~共働き・フルタイム女性増で、多方面で期待できる時短・代行ニーズの広がり
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
83_ext_01_0.jpg

生活研究部   主任研究員

久我 尚子 (くが なおこ)

研究・専門分野
消費者行動、心理統計、保険・金融マーケティング

レポート

アクセスランキング

【共働き・子育て世帯の消費実態(3)~利便性重視志向の食生活、高い教育熱、クルマやスマホ所有が多く買い替え頻度も高い?時短・代行ニ ーズの理解が鍵。】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

共働き・子育て世帯の消費実態(3)~利便性重視志向の食生活、高い教育熱、クルマやスマホ所有が多く買い替え頻度も高い?時短・代行ニ ーズの理解が鍵。のレポート Topへ