2018年02月19日

ここに注目!原油相場~原油相場の動向と見通し

経済研究部 シニアエコノミスト   上野 剛志

金融市場・外国為替 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

昨年秋以降、原油価格が上昇している。WTI先物価格は昨年夏場に1バレル40ドル台後半で推移していたが、今年1月末には一時66ドルを突破した。最近は世界的なリスクオフの影響などを受けてやや下落したものの、それでも足元で62ドル付近の高値を維持している。

この原油価格上昇は、2月上旬以降の米金利上昇を発端とした世界的な株安の一因にもなった。米金利上昇の主因は米景気回復に伴うインフレ加速と(それに対応した)利上げペース加速観測が台頭したことだが、原油価格の大幅な上昇もインフレ期待を高めることで米金利押し上げに繋がってきた。実際、米国のブレークイーブン・インフレ率と原油価格には、高い連動性が確認できる。

つまり、原油価格の動向は、世界の金融市場全体に関わる問題ということになる。これまでの原油価格上昇の背景を分析したうえで、今後のカギとなる要因と相場の見通しについて考える。

■目次

1――原油相場の動向とその背景
  1|原油価格は昨秋から上昇、世界的株安の一因にも
  2|原油価格上昇の背景
2――今後の注目点と原油価格の見通し
  1|最大のカギは米シェールの増産ペース
  2|原油価格の見通し
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

82_ext_01_0.jpg

経済研究部   シニアエコノミスト

上野 剛志 (うえの つよし)

研究・専門分野
金融、日本経済

レポート

アクセスランキング

【ここに注目!原油相場~原油相場の動向と見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ここに注目!原油相場~原油相場の動向と見通しのレポート Topへ