2017年12月18日

EIOPAがソルベンシーIIレビューに関する第2の助言セットについてのCPを公表(2)-欧州委員会に対する助言内容-

保険研究部 取締役 研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長   中村 亮一

メールマガジン登録
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

ソルベンシーIIのレビューに関して、EIOPA(欧州保険年金監督局)は、2017年11月6日に、「ソルベンシーII委任規則の特定項目に関する欧州委員会へのEIOPAの第2の助言セットに関するコンサルテーション・ペーパー」(以下、「今回のCP」と言う)を公表し、関係者からのフィードバックを求めている。

前回の基礎研レポート「EIOPAがソルベンシーIIレビューに関する第2の助言セットについてのCPを公表(1)-欧州委員会に対する助言内容-」(2017.12.12)では、この第2の助言セットに関するCPの概要のうち保険引受けリスクに関係する項目を報告した。

今回のレポートでは、資産運用に関係する項目について報告する。

■目次

1―はじめに
2―今回のCPにおけるEIOPAによる助言の概要-資産運用関係-
  1|金利リスク
  2|市場リスク集中
  3|グループレベルでの通貨リスク
  4|未格付債務
  5|非上場株式
  6|戦略的株式投資
  7|カウンターパーティデフォルトリスクの簡素化
  8|CCPsへのエクスポジャーの取扱とEMIRに起因する変更
  9|ルックスルーアプローチの簡素化
  10|グループレベルでのルックスルーアプローチ
3―まとめ
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27927_ext_01_0.jpg

保険研究部   取締役 研究理事 兼 年金総合リサーチセンター長

中村 亮一 (なかむら りょういち)

研究・専門分野
保険会計・計理

レポート

アクセスランキング

【EIOPAがソルベンシーIIレビューに関する第2の助言セットについてのCPを公表(2)-欧州委員会に対する助言内容-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EIOPAがソルベンシーIIレビューに関する第2の助言セットについてのCPを公表(2)-欧州委員会に対する助言内容-のレポート Topへ