2017年07月28日

女性医療の現状(前編)-無理なダイエットは、高齢期にどのような影響をもたらすか?

保険研究部 上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任   篠原 拓也

医療保険制度 人口動態統計 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

日本では、高齢化が進む中で、高齢者への医療のあり方が問われている。非効率なサービスや、財政の逼迫など、保険を含めた医療制度の改革は、喫緊の課題となっている。高齢者を男女別に見ると、年齢が進むに連れて、女性の割合は高くなる。従って、高齢者への医療は、主に、高齢女性への医療と見ることができる。

一方、日本では、晩婚化や晩産化も進んでいる。これらは、結婚、妊娠、出産を軸とした、女性の健康や医療にも、密接に関係している。

これまで、女性医療は、産婦人科などとして、医学における確立した専門分野とされてきた。ただし、その内容は、高度なものが多く、医療関係者ではない一般の人が理解することは、必ずしも容易ではない。

このような状況を踏まえて、本稿と次稿の2回に分けて、女性医療の現状と、それを巡る様々な動きを、紹介していくこととしたい。

なお、あらかじめ述べると、筆者は、医療関係者ではない。これまで、女性医療の知識は乏しかった。そのため、稿の執筆にあたり、基礎的な部分から、諸資料を閲覧することとなった。本稿と次稿が、女性医療に、あまりなじみのない男性を中心に、読者の関心と理解を深める一助となれば幸いである。

■目次

0――はじめに
1――女性医療の重要性の高まり- 女性のライフサイクルの理解
  1|高齢者への医療は、高齢女性への医療と見ることができる
  2|女性のライフスタイルの多様化により、女性医療の重要性が高まっている
  3|女性のライフサイクルに従って、各ステージに特徴的な疾患がある
  4|月経周期は4つの期のサイクルからなる
  5|女性ホルモンには、主に、卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの2種類がある
2――胎児・乳児・幼児期~思春期
  1|女性の思春期には、生殖機能の獲得と骨量の増加が見られる
  2|月経の確立とともに、それに伴う症状が見られるようになる
  3|女性は20歳頃に、最大骨量を獲得する
  4|月経周期が短かったり、長かったりすると、月経不順とされる
  5|月経困難症が生じる場合もある
  6|月経前症候群が生じる場合がある
  7|月経前不快気分障害に至る場合もある
  8|思春期には、摂食障害を患うケースがある
3――性成熟期
  1|思春期から性成熟期にかけて、女性は貧血になりやすい
  2|月経周期を整えるために、ピルが活用されることがある
  3|女性は下腹部痛を患うケースが多い
  4|子宮内膜症は、発症当初から治療が開始されるようになってきている
  5|不妊治療を受ける人が増加している
  6|乳がんの罹患率は、20歳代から年齢とともに急増する
  7|子宮頸がんは、若齢期に発症しやすく、早期発見が重要となる
  8|HPVワクチンは、積極的な接種勧奨が中止されている
  (参考) 女性アスリートの無月経や月経異常
4――女性のがん検診
  1|乳がん検診は受診率が低い
  2|子宮がん検診も受診率が低い
5――妊娠・出産に関連する疾病等
  1|妊娠中の投薬・検査には制限がある
  2|妊娠中の急性腹症には緊急性が高いものがある
  3|出産後には、女性ホルモンの急激な変化により、
   産後精神障害が生じる場合がある
  4|妊娠負荷試験は、将来の生活習慣病のバロメーターとなる
  5|生活習慣病は、胎児期に由来するという説 (DOHaD説) がある
6――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
30_ext_01_0.jpg

保険研究部   上席研究員・ヘルスケアリサーチセンター兼任

篠原 拓也 (しのはら たくや)

研究・専門分野
保険商品、保険計理

レポート

アクセスランキング

【女性医療の現状(前編)-無理なダイエットは、高齢期にどのような影響をもたらすか?】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

女性医療の現状(前編)-無理なダイエットは、高齢期にどのような影響をもたらすか?のレポート Topへ