2017年05月16日

災害救助法は何をしてくれるのか-災害・防災、ときどき保険(2)

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

保険会社経営 震災・復興 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

自然災害が起こったときに、国や地方自治体がどんな対応を行うのか。それは多くの法律に定められている。今回はまず「災害救助法」についてみてみる。この法律は1947年に制定されたが、その後に起こった災害の教訓なども踏まえて、救助項目が追加されるなど、さらに災害の実状に対応できるよう、今も検討が進められている。

■目次

1――災害への対応を定めた法律がある
2――災害救助法
  1|災害救助法の内容
  2|現在でも問題点を議論中
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む
27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【災害救助法は何をしてくれるのか-災害・防災、ときどき保険(2)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

災害救助法は何をしてくれるのか-災害・防災、ときどき保険(2)のレポート Topへ