2017年04月18日

最近の自然災害の状況-災害・防災、ときどき保険(1)

保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任   安井 義浩

保険会社経営 保険商品 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■要旨

起こりうる自然災害には、地震、津波、噴火、豪雨、豪雪といったものがある。自然災害のうち規模の大きなものは、特に命名されたり、災害救助法が適用されたり、自衛隊の災害派遣があったりする。今回は最近の事例を振り返り、次回以降で、こうした災害に対して、事前・事後にどのような対策が講じられるのかをみていく予定である。また、保険・共済の役割についても改めて確認したい。

■目次

1――はじめに
  1|顕著な災害を起こしたことにより、気象庁により「命名」されたもの
  2|「災害救助法」が適用された災害
  3|自衛隊の「災害派遣」があった災害
2――おわりに
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

27_ext_01_0.jpg

保険研究部   主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任

安井 義浩 (やすい よしひろ)

研究・専門分野
保険会計・計理、共済計理人・コンサルティング業務

レポート

アクセスランキング

【最近の自然災害の状況-災害・防災、ときどき保険(1)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

最近の自然災害の状況-災害・防災、ときどき保険(1)のレポート Topへ