2016年10月27日

減価償却費を活用したJ-REITの内部成長率

金融研究部 主任研究員   岩佐 浩人

文字サイズ

■要旨
 
  • 利益を全額分配するJ-REIT(不動産投資信託)にとって、現金支出を伴わない減価償却費は貴重な内部財源であり、その使い道について注目が集まっている。本稿では、J-REITの減価償却費や不動産運用に必要な資本的支出(CAPEX)を確認し、減価償却費を活用した内部成長率を試算した。
     
  • 試算結果によると、不動産収益を維持するCAPEX投資比率が28%の場合、内部成長率は1.2%となる。また、CAPEX投資比率が20%の場合、内部成長率は1.4%に高まる。一方、減価償却費を上回る資金を投じても収益を維持できなければ内部成長率はマイナスとなり分配金は先細りすることになる。
     
  • J-REITが長期保有するに相応しい不動産とは、築年数が経過しても一定の資金を投資することで中長期にわたり収益を維持できる物件、つまりはテナント代替性が高く立地に優れた物件だと言えるのではないか。

■目次

1――注目される減価償却費の使い道
2――J-REITの減価償却費の実態
3――減価償却費を活用した内部成長率
4――おわりに

このレポートの関連カテゴリ

69_ext_01_0.jpg

金融研究部   主任研究員

岩佐 浩人 (いわさ ひろと)

研究・専門分野
不動産市場・投資分析

レポート

アクセスランキング

【減価償却費を活用したJ-REITの内部成長率】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

減価償却費を活用したJ-REITの内部成長率のレポート Topへ