2015年10月02日

【データで解説】拡大するASEAN貿易の特徴と域内諸国の国際競争力

経済研究部 研究員   斉藤 誠

文字サイズ

■要旨

かつて先進国向けの輸出拡大で経済成長を遂げたASEANは、足元では中国経済の変調で輸出不振に陥っているように、その貿易構造を大きく変化させている。また東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉は、環太平洋パートナーシップ(TPP)協定の交渉に触発されて積極的になっており、今後の貿易構造はその影響を受けるだろう。本稿では、1980年以降のASEAN貿易の動向を確認した後、ASEAN諸国はどのような産業で足元国際競争力を強めているのかを捉え、先行きのASEANの貿易構造を展望する。

28_ext_01_0.jpg

経済研究部   研究員

斉藤 誠 (さいとう まこと)

研究・専門分野
アジア・新興国経済

(2015年10月02日「基礎研レポート」)

レポート

アクセスランキング

【【データで解説】拡大するASEAN貿易の特徴と域内諸国の国際競争力】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

【データで解説】拡大するASEAN貿易の特徴と域内諸国の国際競争力のレポート Topへ