2015年09月30日

新3本の矢、「一億総活躍」実現には社会保障改革と労働市場改革が必要

  薮内 哲

文字サイズ

■要旨

9月24日、安倍首相は、アベノミクスの第2段階となる新3本の矢を示した。
安倍首相は「一億総活躍」社会の実現に向け、新たな3本の矢として(1)希望を生み出す強い経済、(2)夢を紡ぐ子育て支援、(3)安心につながる社会保障を示した。数値目標として(1)に「GDP600兆円」、(2)に「希望出生率1.8の実現」、そして(3)には「介護離職ゼロ」を掲げている。

今回のアベノミクス3本の矢は、「子育て」「介護」といった家計に身近なテーマを掲げている。
実現できれば中長期的に日本経済の潜在成長率を引き上げることが可能である。

しかし、新たに示された(2)と(3)を実現し「一億総活躍」社会を目指すには、社会保障改革や労働市場改革など、痛みを伴う改革も避けては通れない。
小手先の支援拡充措置とならぬかどうか今後の実現に向けた具体策の提示が待たれる。

薮内 哲

研究・専門分野

(2015年09月30日「基礎研レター」)

レポート

アクセスランキング

【新3本の矢、「一億総活躍」実現には社会保障改革と労働市場改革が必要】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

新3本の矢、「一億総活躍」実現には社会保障改革と労働市場改革が必要のレポート Topへ